忍者ブログ
東京都目黒区の歴史
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 目黒区下目黒3-20-26 瀧泉寺(目黒不動尊)

 この碑は北一輝先生の顕彰碑で大川周明氏の文によるものです。
 先生は明治16年(1883)、佐渡ヶ島に生れた憂国の士で、大正デモクラシーの時代中国に渡り、中国革命を援助し又日本改造論を叫び、国家主義の頭目として、特に陸軍の青年将校を刺戟し多くの信奉者を得た。
 時適々満州事変前後より先生の思想はファシスト化し、遂に2・26事件を惹起する要因になった。勿論直接行動には参加しなかったが、首謀者として昭和12年(1937)銃殺刑に処せられた。然し先生の生涯をささえたものは奇くも法華経の信仰であったことは有名である。
 毎年8月19日の祥月命日には今も尚全国の有志が追悼法要を厳修している。

     泰叡山瀧泉寺
PR


所在地 目黒区下目黒3-20-26 瀧泉寺(目黒不動尊)



山の手七福神
  
恵比寿神


七福神の筆頭で、大黒天と共に商売繁盛の福神である。



池畔に三福神(弁財天・大黒天・恵比寿天)が祀られ、ここが山の手・七福神の恵比寿天となっています。弁財天は七福神中の紅一点、美しい音楽の女神である。



所在地 目黒区下目黒3-17先

 処刑された愛人白井権八と、彼の墓前で自害した遊女小紫。その悲話は『後追い心中』として歌舞伎などで有名だが、この比翼塚は、2人の来世での幸せを祈り建てられたという。

  目黒区


所在地 目黒区下目黒・品川区

 石ころが多い坂だったので、石古坂(いしこざか)とよぶようになったといわれる。また、この近くに石河(いしこ)という屋敷があったので、坂名になったともいわれる。


所在地 目黒区下目黒5-37 (林試の森公園)

 顧みれば、明治11年(1878)、東京府下西ヶ原で開始された樹木試験場の事業を受けて、明治33年(1900)、この地に農商務省目黒試験苗園が設定され、明治38年(1905)11月1日、山林局林業試験所が発祥した。
 以来、昭和53年(1978)3月、農林省林野庁林業試験場として筑波研究学園都市へ移転するまで日本の森林・林業・林産業の研究の中心として輝かしい業績をあげてきた。
 この間、数多くの国内外の研究者が、学術交流、研鑽のために、この地を訪れ「林業試験場」の名は世界に広く知れわたった。
 林業試験場は、現在筑波の地において森林総合研究所として発展を続けている。



 この度、跡地に「林試の森公園」が建設されるにあたり、林業試験場の栄光をたたえ、関係者多数のご賛同を得て、記念碑を建立する。
 平成4年(1992)6月吉日
   林業研究発祥の地記念碑建立事業実行委員会


所在地 目黒区下目黒3-20-26 瀧泉寺(目黒不動尊)

 『 阿弥陀如来 』
西方の浄仏国土に在って、凡夫を導いてくれる。
阿弥陀堂にあり






所在地 目黒区中目黒3-1-6 

 実相山正覚寺は、元和5年(1619)に日栄上人によって開かれた日蓮宗の寺です。始めは碑文谷法華寺(現、円融寺)の末寺でしたが、元禄の頃、不受不施問題の影響を受けて身延山久遠寺末になりました。


                                         本堂

仙台の伊達家との関係が深く、4代藩主伊達綱村の生母である三沢初子が本寺住職4世日猷、5世日登両上人に深く帰依し、客堂や庫裡等は初子の邸宅が寄進されて建てられたといわれています。三沢初子は浄瑠璃や歌舞伎などで有名な「伊達騒動」の登場人物「仙台萩の政岡」のモデルともいわれる人物です。また、綱村も生母初子の菩提を弔うため当寺へ特別の保護をしたといい、現在も伊達家の紋の入った建具などが残されています。


                                    鬼子母神堂

 なお、鬼子母神堂には伝教大師作と伝えられる鬼子母神像が、祖師堂には11代将軍徳川家斉が江戸城中で深く帰依していたという日蓮聖人木像が安置されています。


                                      国柱法窟

 墓地には三沢初子の墓(都指定文化財)があり、境内には6代目尾上梅幸の弟子尾上梅朝が演じた先代萩の政岡を元に、昭和9年(1934)に建てられた初子の銅像があります。

 平成21年(2009)3月  目黒区教育委員会


                                         庫裡


                         三沢初子像


                    橋本牧場畜牛供養塔


所在地 目黒区中目黒3-1-6 (正覚寺

 目黒には明治中頃から昭和初期にかけて数多くの牧場があり、地域の人々に新鮮な牛乳を供給していました。しかしそれらも目黒の都市化とともに姿を消し、今日では全くその姿をとどめていません。
 橋本牧場は明治20年(1887)頃から大正12年(1923)まで上目黒4丁目あたりに3千坪(約1万㎡)ほどの敷地で存在した牧場で、畜牛供養塔は経営者の橋本寿吉氏により牧場廃業時に敷地の片隅に立てられたものです。 
 その後、開発等により慰霊碑は移転を繰り返しましたが、平成19年(2007)に現在の場所に安置されました。区内に牧場があったことを物語る数少ない貴重な資料です。
 平成21年(2009)3月  目黒区教育委員会


所在地 目黒区中目黒3-10-5

 旧目黒村全体の鎮守で、誉田別命(応神天皇)を主神とし、天照大神を合祀しています。
 創建以来、幾度か火災にあい記録や資料に乏しく、創建年代は不明です。現在の建物は堂々とした八棟づくりで昭和11年(1936)9月の落成です。



 この神社は昔から十二座の神楽を奏することで有名で、今でも毎年9月の例大祭(第3の土、日)には演目十二座の神楽が奏されています。



 本殿の左側に神社の縁起などが刻まれている八幡神社の碑がありますが、文字は書道の大家豊道春海先生の書かれたものです。



 また境内には高さ30mをこえる榎の名木や、いちょう、けやき、しいなどの古木が茂り、泉が湧き出ている静寂な環境をつくっています。

 平成3年(1991)3月  目黒区教育委員会


所在地 目黒区上目黒2-14

 大正時代の終り頃、このあたりには小規模の乳牛牧場や馬力運送を業とする者も多く、目黒恵比寿畜舎運送組合を結成していました。その第業の小林氏や土地の開発に熱心であった神山氏等が発起人となって、牛馬の息災を護り、死後の菩提を弔うとともに、土地の開発を願い東松山市上岡の妙安寺から霊験あらたかな馬頭観音の分霊を勧請し安置しました。その後、新たに木彫24.3(約8寸)の馬頭観音像も安置され、大正12年(1923)に妙安寺住職を招いて盛大な入仏開眼式が執行されました。境内に建つ最大の碑は、その勧請記念の碑です。正面に「大正12年(1923)7月19日、馬頭尊記念 武州上岡妙安寺住職第19世仏光」とあり、背面に恵比寿や目黒の寄付者200余命の名前が刻まれています。翌大正13年(1924)3月19日に第1回の大祭が執行され、50数頭の馬も参列したといわれています。
 以後、毎月9の日を縁日と定めてきました。現在の社殿は昭和10年(1935)の建築であり、昭和31年(1956)12月に目黒銀座観音と改称されました。江戸時代からの馬頭観音信仰を伝える貴重な資料でもあります。
 平成5年(1993)3月  目黒区教育委員会



所在地 目黒区上目黒2-1 (中目黒GTタワー)

 この社祠は第六天社と呼ばれ、最初は石川橋の付近(現在の上目黒2丁目側)にありましたが、明治末期から大正初期にかけて推進された神社合併政策により、上目黒氷川神社(現在の大橋2丁目16番21号)に合祀されました。
 その後、道路建設(現在の山手通り)により、最初にありました第六天社の土地もとり払われましたので、昭和10年(1935)11月、地主朝倉氏の協力を得て、地元融資の発起により上目黒2丁目1番6号に社祠が再建されました。
 また、中目黒駅前最開発に伴い、平成11年(1999)3月、中目黒八幡神社に仮安置されましたが、平成14年(2002)3月、目黒銀座通りに面するこの場所に移されました。
 祭神は、天神六代の神である面足尊、惶根尊です。昔、近くにあった石川田圃(旧上目黒3丁目地域)や小川田圃(旧上目黒6丁目地域)を水害や旱魃などから守る農村の守護神・厄除けの神としてまつられていました。
 現在は、健康長寿、商売繁盛、家内安全の神として地元の人たちに厚く信仰され、毎年1、5、9月の例祭には中目黒八幡神社の神官により祭事が行われています。
 平成14年(2002)3月  目黒区教育委員会



忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性